【のまおい】相馬野馬追(そうまのまおい)の町:福島県南相馬市原町区 栄町商店街ブログです


【のまおい】相馬野馬追の町:福島県南相馬市原町区 栄町商店街
のまおい:トップページ 栄町商店街:SHOP一覧 のまおいブログ 栄町商店街 アクセス 問い合わせ
のまおいブログ(相馬野馬追の町:福島県南相馬市原町区 栄町商店街ブログ)

<< 経済産業省選定「がんばる商店街30選」に南相馬:栄町商店街振興組合が選ばれました! | main | 1/18(土) 福島県南相馬市栄町商店街『栄町ナイトばざ〜る2014』開催!! >>
平成25年度経済産業省 「がんばる商店街30選」に選定されて
平成25年度経済産業省 「がんばる商店街30選」に選定されて
====================================
東日本大震災において南相馬市は、地震、津波によって県内では一番多くの尊い命が奪われました。
さらに原子力災害により、警戒区域、計画的避難準備区域、緊急時避難準備区域と地域が分断され、多くの住民(事業主も含む)が避難となり、一時、市内はゴーストタウンとなりました。
その後の避難解除にもかかわらず、中心商店街の休廃業は多く、再開店舗も定休日の増加・営業時間短縮などを余儀なくされており完全再開には程遠い状態で、商店街は衰退の一途をたどっています。



なかでも栄町地区は、原発災害前と比較すると、大半の店舗は、売上が激減し、経営がたちいかなくなるのは明白で、商店街存立があやぶまれていることが緊急の課題となってのしかかっています。
さらに南相馬市は、原発20匏の小高区、浪江町、双葉町、飯舘村を商圏として、多くの取引先を有していましたが、失った商圏はそのままで、再生復興の見通しはなく、長期化するばかりとなっています。



事故発生より1000日が経過した現在でも、放射能不安から多くの市民が他地域へ避難したままで、人口も71,000人から約50,000人に減少した状態が続いています。
特に小学校では、在籍予定数の48%、中学校では56%の帰還に留まっています。



一方では、南相馬市復興計画に基づき、隣接する大町地区に災害公営住宅200戸の早期整備が計画され、合わせて広域避難事業者向けの事業再開店舗施設構想も検討されており、復興の動きに合わせ、商店街のこれまでの実績と各店の強みを生かし、当組合では、ホームページを作り、新しい情報をWeb上に流すことや毎月第3土曜日に「ナイトばざーる」を22年間継続実施しています。



また、大震災後の平成23年4月16日から南相馬市より管理をまかされ受諾団体として「南相馬災害エフエム放送」を運営しており、地域コミュニティ再生に努めています。
さらに、復興イベントを継続実施することで商店街の賑わい創出につなげ、元気な姿を発信することで一人でも多くの住民が帰還できるきっかけになればと考えています。



さらに、経済産業省の支援を受けて、地域再生調査分析事業を行い、報告書をまとめました。
その中で、周辺区長はじめ、原町区内小学校8校、地権者、地域住民の方々、商業者が一体となり各種アンケート調査、ワークショップを実施して熱い議論を重ね、中心部商店街の復興再生に向けた今後の方向づけまで行いました。
私たちは、もう一歩、ステップアップする意味で民間レベルの計画策定に取り掛かろうと考えています。




今回、「がんばる商店街30選」に選定されたことは、支えてくれている多くの方々に感謝申し上げますとともに、組合員はもとより、市内商業関係者、関係機関、市民のひとつの大きな励みになることと思います。
今後とも、皆様方のご支援、ご協力をお願い申し上げます。



平成25年12月吉日
福島県南相馬市:栄町商店街振興組合 理事長 片山高明



・・・福島県南相馬市:栄町商店街振興組合
| のまおい:栄町商店街 | 15:30 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.souma-haramachi.com/trackback/325
トラックバック
カテゴリー
最近のスタッフ日記
最近のお客様からのコメント
スタッフプロフィール
のまおい:相馬野馬追の町:福島県南相馬市原町区栄町商店街:ホームページへ
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ARCHIVES